Tuesday, February 13, 2018

前売りチケット発売中【オーガニックライフTOKYO】


都内最大のヨガイベント
【オーガニックライフ TOKYO】

\今年も出演させていただきます/


オーがニックライフTOKYOは、千代田区の中学校の校舎をリノベートして作られたユニークな施設『アーツ千代田331』を丸ごと使って、三日間行われる都内最大のヨガイベントです。ヨガの他にも、広々した屋上エリアでは、オーガニックフードやワインやクラフトビール。ファッション雑貨に書籍や日用品、マッサージなどなど、ヘルシーで気持ちいい暮らしを豊かに彩るためのお店がたくさん出展!ヨガして、食べて、お買い物して、一日ゆったり遊べる素敵なイベントですよ。私はこのイベントに出演させていただくのは今年で三年目。毎年、クラスの後は、屋上で美味しいサモサを食べながら、ビールを飲むのが定番の過ごし方。春の風物詩になりつつあります。


2018年4月20日(金)13:30~14:30
「絆を深める親子ヨガ」

費用:1組(保護者さま1名+お子さま1名)
事前予約:2,300円(税込み)

会場:3331 Arts Chiyoda
東京都千代田区外神田6丁目11-4
最寄り駅:銀座線「末広町」駅徒歩1分
その他「湯島駅」「秋葉原駅」「御徒町駅」

【クラス内容】
\お子さんの目線に合わせたヨガ/
(もちろん、ママも一緒に動きますよ!)

わんぱくに動き始める、1歳半~6歳位までのお子さんと、ママ(パパも歓迎!)が一緒に、ヨガをするクラスです。お子さんにもできるようにアレンジした「プラーナヤーマ(呼吸法)」や「動物のまねっこポーズ」、「五感をやさしく刺激するヨガのゲーム」など。歌やクイズ、ゲームといった遊びの要素を取り入れながら、各年齢に合わせた方法でヨガのエッセンスを体験していただきます。
全身をバランスよく使いながら行うヨガのポーズや、ゲームや遊びの要素は、幼児期に培いたいバランス感覚、集中力の他、健全な心身の維持に必要な感覚を育みます。もちろん、ママ(パパ)も一緒に動いてエクササイズ! 親子でふれあいながら、お互いの呼吸を共有することで絆を深め、子育て期の慌ただしい中にも、ほっと一息つける心のゆとりをつくりましょう!
ヨガがはじめての人も、下のお子連れも大歓迎です。下のお子さま(小さな弟ちゃん、妹ちゃん)の見守りサポートには、ハスヨガの原口愛先生(2児のママ)がきてくれます。



お得な前売りチケット
ただいま絶賛発売中です!
(前売りチケットの販売は4月16日まで)

▼チケットはこちらからご購入いただけます。

ヨガがはじめての方でもご遠慮なくどうぞ!
みなさまと、現地でお会いできますように。
お待ちしています。

Tuesday, January 30, 2018

ヨガ哲学『バガヴァッドギーター』読み方のコツ①


ヨガをやっているなら読むべき本(古典)!と、よく言われるのは『ヨーガースートラ』と『バガヴァッドギーター』ではないでしょうか。もちろん、ヨガをやっていない方にも、人生の心の杖となるような珠玉の教えがたくさん込められているのでオススメです。ただし、読むのにはちょっとしたコツが必要。共に、短いサンスクリット語で綴られた古典なのですが、日本とはまったく違うカルチャーを持つ大昔のインドのお話しということで、スムーズに読み進め、理解するのにはある程度のヨガの知識はもちろん、この本を意図するポイントを押さえておくのが必要、というのが率直な感想。なので、途中まで読んだのだけれど挫折してしまったよ、という人も多いのではないでしょうか?(なにを隠そう、実は私も何度も挫折した派....。)

頭の片隅にいつも苦手な古典の影を感じていた昨年のある日。『Yogini(ヨギーニ)』で担当する企画のテーマが『バガヴァッドギーター』に決まり、インド哲学に精通している森田尚子先生に取材するという機会を得ました。まさに、ご縁~。取材では自分が疑問に思っていること、意味がよくわからないところ、読むために押さえておくポイントを率直に質問させてもらいました。何度も渡印している森田先生はさすが!インド独特の風習や考え方、インドでのこの本の捉え方など。もろもろを教えてもらうことで、色々な事が腑に落ち、おかげさまでようやく、この本の本当の素晴らしい教えを学ぶことができました。

そこで、ヨガの古典が苦手な人が、本を読む前にまず知ってもらいたい知識や読み進めるコツのようなものを、2017年11月に発売されたヨギーニの「ヨガ塾(見開き全6頁)」という企画で記事を書いています。最近、ヨガのクラスでもバガヴァッドギーターについてお話しすることが多くなってきたので、このブログに実際に掲載された11月号の誌面の写真を貼りつつ、補足を加えながら改めて紹介しようと思います。


▲Yogini Vol.61 「ヨガ塾」P84-P85
まずはここを読んでみてください。

はじめに、『バガヴァッドギーター』は『マハーバーラタ』という “世界一長い本(聖書の約4倍の長さ!)”と呼ばれる、インド最古の叙事詩のなかの一部、第6章の部分を抜き出して一冊の本にしたもの。『マハーバーラタ』はバラタ王族同士が王権・権力を争う壮大な物語。昨年10月に日印友好交流記念の演目「極付印度伝マハーバーラタ戦記」と題して、歌舞伎座で上演されていたので耳にした人も多いのではないでしょうか。

さて、『バガヴァッドギーター』は戦争を題材にしたインド哲学のお話し。色々な人が翻訳した本が手に入りますが、冒頭には登場人物の系図が載っていることが多く、ぶっちゃけいうと、これが頭を混乱させるもとのような気がします....。そこで、押さえておくべき登場人物は、クリシュナ(神)とアルジュナ(悩める王子)のみでも大丈夫なぐらい。この本の真の意図を学ぶには、他の登場人物は特に重要ではないです。

物語の構成としては、アルジュナと敵対する軍(といっても親戚)の盲目の王が、自分につかえる御者サンジャに「おい、いまどうなっているんだ!」という具合で、目の前の戦いを実況中継させている内容がそのまま物語りになっています。クリシュナは馬車乗りの名人で、アルジュナの従兄弟という設定。優れた弓の戦士である王子アルジュナが乗る馬車の御者役を買って出ます。彼らは王族なので、馬車も白馬を4頭も引き連れ、なんだか優雅(笑)これが昔の王族の戦争のスタイルなのですね。ちなみに「化身」はサンスクリット語で「アバターラ」といい、映画『アバター』の語源はここから来ているのだとか。


読み方のコツ②につづく・・・

★ ★ ★ ★

実際に雑誌を手に取って読みたい!
という方は、枻出版のサイトまたはアマゾンにて、
バックナンバーを購入できますよ。

「Yogini Vol.61」 
2011年11月20日発売号
▼バックナンバーはこちらから♩


Thursday, January 25, 2018

モデル出演【綿本ヨーガスタジオ 新HP】



綿本ヨーガスタジオ
(日本ヨーガ瞑想協会 YOGA.jp)

私のヨガの母校であり、尊敬する先生。綿本彰先生が主宰するのヨガスタジオのホームページが、新年にリニューアルされました。光栄なことに、ヨガポーズモデルに起用していただいています。感激!!! 東京銀座、有楽町、京橋から近い場所にある綿本ヨーガスタジオは「心に効かせるヨガ」をテーマに、ラージャヨガや瞑想をベースにしたヨガを教えてくれる素晴らしいスタジオです。

私は2004年にヨガを始め(はまり)、当時色々な先生のもとでヨガの練習をしていました。ところが、いまひとつヨガの「心に効く」というメカニズムがわからず、楽しいのだけれど.....と、心の片隅で悶々とした思いを抱えていた時に、綿本彰先生のクラスを体験しました。そして、クラスの後に感じたのが「これだっっ!!!!」という実感。断片的に散らばっていたそれぞれのピースがぴたりと合っていくように、ヨガの醍醐味である、心身の調和を得られたのです。タイミングよくスタジオでは指導者養成講座を募集してしていたので、寸分の迷いもなく、講座の申込をし、いまに至るのでした。



△ 私は一番手前でダウンドッグ♩

さて、新しいホームページについて。温かくアットホームなスタジオの雰囲気を象徴するように「和モダン」をイメージして作っているのだとか。実際に、スタジオのインテリアやフロアも大リニューアルをして、とても気持ちのいい空間になっていましたよ。


綿本ヨーガスタジオ(日本ヨーガ瞑想協会)で受ける指導者養成講座のカリキュラムは、綿本先生の熱がこもる、独自のメソッドを学べる他、「全米ヨガアライアンス(RYT)」の講師登録ができるもの。そんな指導者養成講座専用のページもできていました。こちらは黒がキーカラーになっていて、ピリッと締まった雰囲気。興味ある方は、ぜひ覗いてみてくださいね。




Tuesday, January 23, 2018

制作&インタビュー掲載【Yogini Vol.62】


ヨガ雑誌のパイオニア。
Yogini Vol.62 絶賛発売中です!!

1月発売の最新号。大特集は『ヨガのポーズに生かす解剖・生理学』について。鍼灸師や理学療法士の資格を持つヨガの講師陣が、筋肉や骨、そしていま流行りの筋膜など、体の構造を学び、ヨガのポーズの効果をランクアップさせるための、濃い~い内容を紹介しています。ヨガ愛好家から指導に立つヨガインストラクターさんも必見の内容ですよ!

私はこの大特集内にて、プラーナ(生命エネルギー)に関する内容の『ヨガでは体をどう伝えて来たのか?』というページの編集と執筆をしました。ハタヨガの経典【ハタヨガプラディピカー】では、プラーナを巡らすためのチャクラやナーディ、バンダの概念などが書かれ、その扱い方、向き合い方が書かれています。ちなみに、プラーナを正しく巡らせることがヨガの極意。まさに、“目に見えない内側の解剖・生理学”とも呼べるもの! そして当企画で取材させてもらったのは、溢れる知識の宝庫、森田尚子先生です。ヨギーニの素晴らしいところは、解剖・生理学といっても肉体だけではなく、しっかりと心(精神)について関連させて、かなりの熱量で紹介をしているところ。なぜなら、プラーナの巡りはマインドにも影響するからです。


さて。続く第二特集は『ヨガの指導者養成講座』について。こちらの企画で私は、ヨガのインストラクターとして登場させてもらいました。30代になってから思い切ってふと飛び込んたヨガの世界。ヨガの導きと、たくさんのありがたいご縁のおかげで、今これを書いている自分がいる。(ヨガを始めた当初は、インストラクターをやりながらヨガ雑誌の編集者になるなんて考えもしなかったなぁ.....。)フレッシュな気持ちを思い出しながらお話しさせてもらいました。

今号も全編を通じて読み応えたっぷりです!

Wednesday, January 17, 2018

テレビ番組・ポーズ監修【Eテレ「テストの花道」ニューベンゼミ】


なんと、ヨガで受験生のお役に立てるなんて! NHK(Eテレ)の10代向けの番組として人気の『テストの花道 ニューベンゼミ』は、勉強のノウハウをユニークな動画にまとめて紹介するコンセプトの番組。毎週月曜日に放送しています。そこで、センター試験まであと1カ月というタイミングの12月11日(月)の放送にあわせて、受験・試験の当日にベストパフォーマンスを出すための、心と体のコンディション法。寝起きにベッドの中でできるヨガポーズを監修させていただきました。

▼NHK Eテレ テストの花道 ニューベンゼミ
ここから過去の放送分が写真付きの記事で読めます。


朝を制すれば、一日を有意義に過ごせます。(突き詰めれば、前日の過ごしかた、日々の過ごし方も大切だけれど....)とはいえ忙しいのが現代人。きっと毎日1時間のヨガのプラクティスは無理という方も多いと思うので、朝起きたら5~10分(この記事にでているヨガは5分でできます♩)、お仕事、家事、勉強につかれたら日中にヨガストレッチ10分、その程度でもいいので毎日こまめなリフレッシュの習慣をつけるだけで、心身のパフォーマンスはぐんと上がりますよ。継続は力なり♩一緒に頑張りましょう!!



Monday, January 15, 2018

YOLO連載【オフィスヨガで自分にごほうび1】夕方になると目がかすれる?


ヨガやフィットネス、トレーニング、ランなどのアクティブなコンテンツを中心に、最新のウエアやグッズ、女性達が美しく健康であるための情報を掲載している【YOLO】で、オフィスヨガの監修兼モデルを担当させてもらいました。

お仕事の合間はもちろんのこと、育児や家事のひといきついた休憩時間にも◎ですよ。すきま時間に気軽にヨガのエッセンスを取り入れて、元気に楽しくいきいきとした毎日を闊歩しましょう!この連載は全12回。オフィスで起こりがちな12の症状に合わせたストレッチを2週間に1回の頻度で更新していきます。そこで、記念すべき第1回目の記事は『夕方になると目がかすれる?』。デスクワークのお悩み、疲れ目に効くヨガのテクニックを紹介します。


▼YOLO連載記事はこちらから
【夕方になると目がかすれる?オフィスヨガで自分にごほうび1】

オフィスヨガの設定なので、ヨガウエアではなくOLさん風の衣装で登場。疲れ目に効果的な「目の周りを温めるストレッチ」や「視神経の緊張をゆるめる」ヨガをレクチャーしています。お次は肩こりに効く、肩甲骨を動かすストレッチを紹介しますよ~。役立てていただけらたとってもうれしいです。


モデル出演【花王ソフィーナIPドリンク】


【花王ソフィーナ】さんから、新しく発売された、カフェインレスのIPドリンク(アイピードリンク)のチャレンジモニター募集用広告のモデルを息子と共に親子でやらせていただきました!

▼オフィシャルサイトはこちら
(無料モニターの応募もこちらからできますよ♩)



私の役割はヨガインストラクターで母親という設定。というか、私自身が10日間このドリンクを飲んだという設定で撮影をさせてもらいました。その名も、“過酷女子の10日間美活” (リアルです。笑)。

このIPドリンクの魅力とは。世界2大ポリフェノールのひとつ「クロロゲン酸」が配合という点。クロロゲン酸は、植物の力による抗酸化作用(錆びない体を作ってくれるのだ!)、日々ストレスにさらされている過酷女子の美活の強い味方なのです。しかも、このドリンクにはカフェインが入っていないので、就寝前や妊婦さん、産後ママでもOKという優れモノ!よくある栄養ドリンクとはちょっと違いますよ。(ここだけの話し、よくある栄養ドリンク系は苦手なので普段あまり飲まないのですが.....)このIPドリンクは薬くさい感じはなくて、柑橘系のさわやかな飲み口がとっても飲みやすかったですよ。

【撮影オフショット】@砧公園



フォトグラファーはお友達の澤圭太君。楽しかったなぁ!息子はスタッフのみなさんにたくさん遊んでもらってご満悦の撮影。たくさんお世話になりました。ありがとうございます。