Tuesday, May 20, 2014

【Coleman】OUTDOOR RESORT PARK 青空ヨガ出演!



今週、5月24日(土)25日(日)の週末は、
東京ミッドタウンの芝生イベント広場にて、
アメリカ発のアウトドアブランド『Coleman(コールマン)』が、
ファミリー向けの、楽しいアウトドアイベントを開催。

このイベントは、アウトドアのプロたちに、
アウトドアの新しいグッツや遊び方を学ぶ他に、
ライブや映画の上映もあるという豪華さ。
しかも、入場無料のイベントです。

イベントのサイトはこちらから
http://www.coleman.co.jp/midtown2014/

そして、私はこのイベント会場で、
“suria” プレゼンツ、「青空ヨガ」の、
4つのレッスンをさせていただくことになりました!

わーい!!

★★★★★★

【青空ヨガ】
2014年5月24日(土)・25日(日)
※両日共に同じスケジュール

・「親子向けヨガ」 13:00~13:30
ヨガインストラクター/羽山隆次&Hana

隆次先生とのダブルインストラクションでお届け。
ご家族やカップル、お友達同士で楽しめるペアヨガや、
キッズヨガのエッセンスを織り交ぜた内容です。
もちろん、お一人でご参加しても楽しめます!

・「一般向けヨガ」17:00~17:30
ヨガインストラクター/Hana

初心者の方でも安全に楽しめるように、
オーソドックスなヨガのポーズを組み立てた内容。
アウトドアでヨガを行う醍醐味を存分に感じられるように、
伸び伸びとココロと体をストレッチしていきます!

※参加費無料
※先着50名様はヨガマットのレンタル無料
事前予約は受け付けておりませんので、
当日、イベント会場にてお申し込み下さい。

どのレッスンも30分間と短いものですが、
アウトドアの環境で五感を解放する心地よさを、
存分に味わっていただけると嬉しいです。

私もとーっても楽しみなイベント!
みなさまのお越しを、お待ちしています。


イベントを知るためのムービーはこちら!





Thursday, May 8, 2014

おめでとう suria!祝★10周年



祝★10周年!!

いつもお世話になっている、
ヨガブランドの 「suria(スリア)」 が今年で、
ブランドを立ち上げてから10周年を迎えたそうです。

実はわたしも、ヨガをはじめて今年で10年目!
当時の日本のヨガシーンは、気軽に通えるスタジオも限られていて、
得られる情報量も少なかった時代・・・・(なつかしい)
そんな頃から、スリアはヨガウエアという分野で、
ヨガをポピュラーな存在に押し上げた、原動力のひとつ。

リスペクトです!

スリアの記念すべき10周年をお祝いして、
日本のヨガコミュニティーを彩る先生方や雑誌社が、
お祝いの言葉や、思い出などを綴っています。

▼ suria 10th Anniversary
http://www.suria.jp/10anniversary/

ちなみに・・・・僭越ながら、
わたしも今季アンバサダーに任命していただき、
お祝いのコメントを書かせていただいています。

これからの10年、20年もまたスリアと共に、
ヨガコミュニティーを盛り上げていけたらうれしい。
そして、「ヨガを実践して毎日が楽しくなった!」 そんな声が、
周りでもっともっと、聞けるようになれば、最高に幸せです。

Thursday, May 1, 2014

我が家の、殿堂入りの絵本



まだ言葉を話せない年齢の子供のために、
どんな絵本を選んであげるのがいいのかな?
本屋に行けば、まさに “星の数ほどある” 絵本・・・
でも、うちではありがたいご縁があって、
子供が喜ぶ絵本に出会うことが出来た ♥
というわけで、今日は絵本のご紹介。

2013年~2014年度の、
我が家の伝道入りしたトップ3はこちら。

★「もこもこもこ」
文:谷川 俊太郎、絵:元永 定正
出産のお祝いで頂いた、はじめての一冊。
ビビッドで摩訶不思議な絵に、詩人の谷川俊太郎が、
シュールな言葉をのせたもの、“言葉の意味” ではなく、
目に飛び込む絵と、言葉のリズムを楽しむもの。
うちの子供はこの絵本で声を出して笑った!

★「おつきさまこんばんは」
文と絵:林明子
うちに2冊あるから一冊あげるよ、といって頂いたもの。
暗闇にぽーっと浮かぶ、まん丸お月さまの絵にココロが惹かれる。
子供にもそれは同感らしく、お月さまに触れてたりしてる。
裏表紙にお月さまがあっかんべーしている絵があって、
うちの子供はそれを見てあっかんべーを覚えた。

★「だるまさんが」
文と絵:かがくいひろし
だるまさんが転んだ~♪ の歌をもじって、
だるまさんが伸びたり、ぺたんこになったりする本。
これも音のリズムと、展開(オチ?)が子供にツボにはまるみたい。
読んで欲しくて、自分から持ってくることも。

うちでは就寝前に、お部屋の灯りを少し落として、
大きなビーズクッションに寄りかかりながらの読書タイム。
私の腕にくっつきなが、くっくっくっ・・と、楽しそうに笑う子供に癒される。
さて、これからも楽しい絵本、たくさん読んであげよ!